愛のコトノハ

愛のコトノハ

『愛のコトノハ』の内容
時に激しく、そして優しく・・・
ひたむきな想いを紡ぐ著者が贈る
“愛と絆"の物語

周囲の信頼と羨望を集めるも、素の自分をひた隠しにしてきた亜矢。
夫の幼い娘とうまく心の距離を測れず、苦悩する満。
恋人との未来に、希望を見失いかけた亜津。
不器用で一途な女性たちが掴んだ光とは--。
時に胸を締めつけ、心の 奥に流れ込む、
かけがえのない“愛の言葉"を束ねた著者渾身の短編集。