証券会社で働いたらひどい目にあった

証券会社で働いたらひどい目にあった

『証券会社で働いたらひどい目にあった』の内容
金融業界のブラックな実態を描く壮絶ノンフィクション・エッセイ!

雨宮鬱子、24歳。
理想に燃えて証券会社に入社した彼女を待ち受けていたのは、
精神論がすべてを支配する超体育会系の会社体質!
強制残業による激務、部下を差別する上司、後輩を蹴落とす先輩、
飲み会でのいじめ、セクハラ・パワハラ…、
理想と現実のギャップに追い詰められていった彼女は…!?

雨宮鬱子先生のその他の作品

雨宮鬱子の証券会社で働いたらひどい目にあった