瞳をとじれば

瞳をとじれば

『瞳をとじれば』の内容
父を落馬事故で亡くした貧乏貴族の娘テス。
彼女は4姉妹の長女として、妹たちによりよい嫁ぎ先を見つけるためと、愛のないメイン伯爵からの求婚を受け入れる。
これでいいのだと自分を納得させようとするテス。
だがしかし、彼の友人でもある大富豪の放蕩者ルーシャスからの誘惑に、彼女の心はかき乱されて…!?

二越としみ先生のその他の作品

ヘイウッド館の天使