夜明けの色を紡いで

夜明けの色を紡いで

『夜明けの色を紡いで』の内容
誰よりも愛している。だから伝えるわけにはいかなかった―――。

瀕死の重傷を負い部族に見捨てられたケヴ。
彼を救い、初めて光とぬくもりを与えたウィン。
あまりに大きすぎる愛情と、数奇な運命が二人を翻弄する……

秋乃ななみ先生のその他の作品

億万長者と籠の鳥の乙女

波間のエメラルド

午前3時の危険な誘惑

シャンパンとまわり道

危険な情事