月夜と泥棒

月夜と泥棒

『月夜と泥棒』の内容
石川ひかり(22歳)。とある下町の金物屋の一人娘で、幼い頃からなにかと面倒を見てくれている警察官の望月輝(25歳)とは腐れ縁の仲。
そしてある日、ひかりは代々金庫破りであった父、祖父から受け継いだ“金庫破りの血”に目覚める。
輝の忠告をよそに、目指す相手はなんと・・・!?
どんでん返しの愛情物語「月夜と泥棒」ほか珠玉のラブ・ロマンスがギッシリ8編。

文月今日子先生のその他の作品

デビュー40周年記念自選集 文月今日子のお気にいり

結婚しない彼女

茶色の小瓶

くらしき物語

レディ・ローズ