銀狼に孤独をみた 弐 ―三度笠は朝に去った―

銀狼に孤独をみた 弐 ―三度笠は朝に去った―

『銀狼に孤独をみた 弐 ―三度笠は朝に去った―』の内容
関八州に並ぶものなき渡世人・潮来の伊太郎。
生き別れた最愛の女お袖を求め、今日も白刃を振るい旅を続ける――。

『木枯し紋次郎』の笹沢佐保原作を、『沈黙の艦隊』『ジパング』の
巨匠・かわぐちかいじが描いた幻の傑作時代劇!

『銀狼に孤独をみた』関連作品

銀狼に孤独をみた 参 ―無縁仏に明日を見た―

銀狼に孤独をみた―大利根の闇に消えた―


かわぐちかいじ先生のその他の作品

銀狼に孤独をみた 参 ―無縁仏に明日を見た―

銀狼に孤独をみた―大利根の闇に消えた―

銀狼に孤独をみた(3)

銀狼に孤独をみた(2)

銀狼に孤独をみた(1)