銀狼に孤独をみた―大利根の闇に消えた―

銀狼に孤独をみた―大利根の闇に消えた―

『銀狼に孤独をみた―大利根の闇に消えた―』の内容
故郷・潮来へ十年ぶりに戻ってきた伊太郎。そこには将来を誓い合った娘、お袖がいた。
しかし、宿場を牛耳る牛堀の勘吉の欲望と策略が、二人を引き裂いて―――
かわぐちかいじ 幻の本格時代劇画!!



『銀狼に孤独をみた』関連作品

銀狼に孤独をみた 参 ―無縁仏に明日を見た―

銀狼に孤独をみた 弐 ―三度笠は朝に去った―


かわぐちかいじ先生のその他の作品

銀狼に孤独をみた 参 ―無縁仏に明日を見た―

銀狼に孤独をみた 弐 ―三度笠は朝に去った―

銀狼に孤独をみた(3)

銀狼に孤独をみた(2)

銀狼に孤独をみた(1)