オーロラブックス 書籍詳細のページ


詳細情報

理想の妻のたくらみは

理想の妻のたくらみは

  • 原題:Something About Emmaline
  • 著者:エリザベス・ボイル
  • 訳者:寺尾まち子
  • 定価:886円(税込)
  • ISBN:978-4-7767-9518-6
  • 発売日:08年12月10日(水)

理想の妻のたくらみは

RITA賞作家日本初!華やかであざやかな衝撃のロマンス

架空の妻が突然目の前に!彼女の狙いと正体、そして燃え上がる恋の行方は??

架空の妻を作りあげるという最高のアイデア。男爵アレックスは、そのおかげで気ままな独身生活を送っていた。
ところがある日、実在しないはずの妻エマリンが突然姿を現した。ブロンドのすこぶるつきの美女エマリン。
好き放題に買い物をし、身の回りの人たちをみるみる虜にしていく。巧妙なたくらみを暴こうとしながらも、アレックスは彼女の魅力に強く惹かれていく。カードゲームの名手、誰からも好かれるおせっかい・・・・・・ひとつひとつ明かされていくエマリンの秘密。
彼女の狙いは?正体は?燃え上がった恋の行方は?最後まで何が起こるかわからない!!19世紀初頭のイギリス上流社会を舞台にした華麗で謎に満ちたヒストリカル・ロマンス。

編集部コメント

世間から堅物で退屈と評価されているヒーローが、ヒロインに出会い、変わっていく・・・。その様子が何よりも見所です! 本国で「ページターナー」と称される著者の手腕が発揮される、物語終盤のめくるめくストーリー展開も、どうぞお楽しみください。